yamaaruki_naganoのブログ

長野県での山歩きをまとめています

松本市の里山へ登山▲金松寺山&天狗岩

金松寺山(標高1625m)&天狗岩(標高1964m)

登山日:2021/6/6

天気:曇り&晴

ルート:金松寺(きんしょうじ)から数百m上がった林道終点からピストン(登山口はココ

距離&タイム:12.5キロ&6時間15分(休憩含む)

詳しいログはヤマップで↓↓

天狗岩・金松寺山 / やま子さんの常念岳・大天井岳・燕岳の活動データ | YAMAP / ヤマップ

f:id:yamaaruki_nagano:20210609205711j:plain

晴れた日は遠く富士山も見える天狗岩
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

信州山歩き地図(4(里山編 中信・南信)) [ 中嶋豊 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2021/6/10時点)

「松本」といえば穂高などの有名な山々がそびえる地域ですが、マイナーな里山もいくつかあります。今回は、そんなマイナーな里山の一つ、金松寺(きんしょうじ)山と天狗岩に登ってきました。

登山口は、金松寺を目指します。そこから数百mあがったところにフェンスがありますので、左手に駐車します。3台ほど停められますが、満車の場合は戻って金松寺の駐車場に停めます。

f:id:yamaaruki_nagano:20210609205616j:plain

左手の空き地に駐車します

先に絶景広がる天狗岩へ

朝7時すぎにスタート。 駐車した場所からしばらく長い林道が続きます。途中、祠?みたいなのがあったり、川が流れていたりとのんびり歩けます。ただ、行きはいいのですが帰り、この林道歩きはかなりきついです…。

f:id:yamaaruki_nagano:20210610204621j:plain
f:id:yamaaruki_nagano:20210610202911j:plain
f:id:yamaaruki_nagano:20210610203022j:plain
長い林道(左)林道途中にある祠(中央)川の流れが涼しげ(右)

林道が終わり、やっと登山口へ。ここから、金松寺山と天狗岩までの分岐まで急斜面が続いたりします。分岐まで約2時間。展望はほとんどないのでひたすら歩きます。

f:id:yamaaruki_nagano:20210610203126j:plain
f:id:yamaaruki_nagano:20210610203334j:plain
橋を渡ったり(左)ゲートを通ったり(右)

金松寺山へ先に向かっても良いのですが、天狗岩との分岐から金松寺山までの道はかなり急斜面なので、先に天狗岩を目指します。分岐から天狗岩までさらに1時間はかかります。

f:id:yamaaruki_nagano:20210610203403j:plain
f:id:yamaaruki_nagano:20210610203436j:plain
標識もあります(左)ピンクの花も咲いていました(右)

ひたすら歩き、急に開けた場所に。後半かなり急なのでキツイです。天狗岩山頂の手前のここが一番のビュースポットです。むしろここしか展望がありません。天気が良ければ遠く富士山も見えるのですがこの日は残念ながら見えませんでした。

f:id:yamaaruki_nagano:20210610203859j:plain

富士山は見えませんでしたがとっても良い景色
f:id:yamaaruki_nagano:20210610203746j:plain
f:id:yamaaruki_nagano:20210610203832j:plain

天狗岩からあっという間に金松寺山へ

さらに5分ほど進むと、天狗岩の山頂へ。展望がないので写真を撮って、早々に下山します。休憩は、先ほどの場所で景色を眺めながらがおすすめです。

f:id:yamaaruki_nagano:20210610203927j:plain

天狗岩山頂に到着

天狗岩から金松寺山まではあっという間

急斜面が続くので、下山かなり早いです。天狗岩から1時間かからずに金松寺山へ。標識などはなく三角点だけがある地味な山頂です。この季節は虫も多いので撮影したらすぐ下山します。

f:id:yamaaruki_nagano:20210610203956j:plain

三角点にタッチ

ここからはひたすら下るだけ。金松寺山から80分ほどで駐車場所へ戻ってきました。

天狗岩手前のビュースポットしか特別見どころはありませんが、そこからの景色は抜群でした。7時過ぎから登り始めましたが、この時期下山時は暑いですね。もう少し早い季節に登るのがおすすめです。

f:id:yamaaruki_nagano:20210610204046j:plain

~おわり~

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

北アルプス登山▲小谷村・風吹岳(かざふきだけ)

 初めての北アルプス登山!風吹岳(標高1888m)へ

登山日:2021/5/30

天気:晴&曇り&雨

ルート:土沢コースピストン(登山口はココ←来馬温泉から林道をずっと登る)

距離&タイム:14.8キロ&8時間45分(休憩含む)

詳しいログはヤマップで↓↓

yamap.com

f:id:yamaaruki_nagano:20210604200357j:plain

北アルプス・風吹岳&風吹大池
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

信州山歩き地図(4(里山編 中信・南信)) [ 中嶋豊 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2021/6/4時点)

5月の最終週は小谷村の「風吹岳(かぜふきだけ)」へ行ってきました。初めての北アルプス。山頂付近に山小屋(営業期間は不明)もあり、「風吹大池」があります。日帰りが可能ですが、栂池自然園などへも縦走できます。

朝5時に自宅を出発し、若干道に迷い、7時半頃に到着。ただし、登山道へ続く林道がまさかの倒木。車は路肩に停めて、登山口まで林道を歩くことに…。これが大変だった…。登山口まで約3キロ。林道は荒れていて、大きな落石が道を塞いだりもしていました。

f:id:yamaaruki_nagano:20210604200201j:plain
f:id:yamaaruki_nagano:20210604200226j:plain
倒木で登山口に続く林道は通行不可(左)林道から見える景色(右)

登山口にやっと到着。ここからも長い道のり

駐車場所から登山口まで4、50分はかかりました。やっと登山口に到着し、ここから本格的に山歩きスタート。この時点で若干疲れていました。

登山口の奥は広い空き地になっていて、ここに車を停めるようです。10台以上停められるので、シーズンは混みあうのかな。

f:id:yamaaruki_nagano:20210604200610j:plain

やっと登山口到着。ここから山頂までは3時間はみておいた方が良いです

当然ここまで林道を歩いてくる人はいないわけで、誰にも会いませんでした。最初から最後まで山貸し切り。歩く人がそんなにいないためか登山道も若干荒れていました。よくあるピンクのテープがほとんどないので地図を確認しながら進みます。道迷い注意。

しばらく歩いていると急に温泉のにおいがしてきます。登山道のはるか下に真っ白い川が流れています。温泉なのかな?硫黄のにおいがすごかったです。

f:id:yamaaruki_nagano:20210604200811j:plain

硫黄のにおいがたちこめる白い川

登山道は危険箇所はほとんどありませんが、1カ所ロープ場がありました。雨が降ってきて天気は微妙でしたが、新緑やところどころに咲く花が綺麗でした。

f:id:yamaaruki_nagano:20210604200926j:plain
f:id:yamaaruki_nagano:20210604200948j:plain
登山道唯一のロープ場(左)白い花が咲いていました(右)

f:id:yamaaruki_nagano:20210604201026j:plain

登山道が細く削られている場所もありました

山頂に近付くにつれ残雪が増えてきた

登山道には登山口から山頂まで11分割した標識がたてられています。調べたら約300m毎にあるそうです。白い川を過ぎ、ロープ場を過ぎ、しばらく歩いていくと、徐々に残雪が目立つように。

f:id:yamaaruki_nagano:20210604201243j:plain
f:id:yamaaruki_nagano:20210604201305j:plain
11分割された標識(左)残雪が目立ちます(右)

最初は山の斜面に少し残っているくらいでしたが、進んでいくうちにかなり多くなってきました。もう6月だし、標高も2000mいかない山なのでまさか雪がこんなに残っているとは…。チェーンスパイクを持ってくるべきだったと反省。

登山道の湿地には水芭蕉が咲いていました。麓は初夏でもここはまだ雪解けが始まったばかりの春なんだと感じました。

f:id:yamaaruki_nagano:20210604201524j:plain
f:id:yamaaruki_nagano:20210604201637j:plain
チェーンスパイクが必要だった…(左)水芭蕉が綺麗にさいていました(右)

風吹大池に到着!池をまわりながら山頂へ

林道から歩き始めて3時間ほど。霧が発生して視界が悪い中やっと山小屋「風吹山荘」が見えてきました。ここまで長かった…。

f:id:yamaaruki_nagano:20210604201446j:plain

やっと山小屋が見えてきました。赤い屋根の建物

もうここまでくると雪雪雪。急斜面だったら進めなかったかも。山小屋の近くはフキノトウなども顔を出していました。

当然、山小屋は営業していません。テント場やトイレなどもあるようです。シーズン中はかなり人が来るのかな。

風吹大池の周りは木道が整備されています。少し晴れ間も出てとっても綺麗でした。頑張ってここまで登ってきたかいがあります。

f:id:yamaaruki_nagano:20210604201919j:plain
f:id:yamaaruki_nagano:20210604202037j:plain
山小屋というかこれはたぶんトイレ(左)風吹大池に到着(右)

f:id:yamaaruki_nagano:20210604202010j:plain

池はまだ凍った部分がありました

ここから山頂までは20分程度。最後かなり急斜面でキツいです。

山頂には東屋がたっています。展望は木々の隙間から少し見えるくらい。ここで休憩&カップラーメンを食べました。

f:id:yamaaruki_nagano:20210604202329j:plain
f:id:yamaaruki_nagano:20210604202350j:plain
山頂到着!一応「風吹岳山頂」と書いてあります(左)山頂からの展望(右)

風吹大池をぐるりと一周して下山

山頂でお腹も満たされたとこでそろそろ下山します。登りに意外と時間がかかってしまったのでゆっくりしていたら夕方になってしまいます。

折角ここまで頑張って登ってきたので、風吹大池を一周して下山することに。雪がかなり残ってよくわかりませんでしたが、木道がずっと整備されていると思います。

f:id:yamaaruki_nagano:20210604202537j:plain

晴れ間が出ると一層綺麗ですね

水芭蕉の群生もあり、とっても綺麗でした。湿原みたいになっている場所もあって、雪解けがもっと進めばきっと色々な花が咲いて綺麗だと思います。

池は一周3、40分もあれば一周できます。

f:id:yamaaruki_nagano:20210604202652j:plain

開放感抜群

あとはひたすら来た道を下山しました。登山口から駐車場所への林道歩きがかなりきつかった…。結局車に戻ったのは16時過ぎでした。

登山から約1週間経ちますが、いまだに全身筋肉痛です。

ただ、風吹大池の景色は抜群に綺麗でした。また夏に訪れてみたいです。

f:id:yamaaruki_nagano:20210604202908j:plain

とっても綺麗で素敵な山でした

~おわり~

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

リベンジ登山▲鍬ノ峰(くわのみね)▲長野県大町市

猛吹雪にあった山・鍬ノ峰(標高1623m)へリベンジ!

登山日:2021/5/23

天気:晴&曇り

ルート:白沢側登山口ピストン(登山口はココ

距離&タイム:3.2キロ&2時間32分(休憩含む)

詳しいログはヤマップで↓↓

鍬ノ峰 / やま子さんの燕岳・餓鬼岳・唐沢岳の活動データ | YAMAP / ヤマップ

f:id:yamaaruki_nagano:20210528205020j:plain

鍬ノ峰へリベンジ登山!

4月18日、まさかの猛吹雪の中で登山した鍬ノ峰(くわのみね)。山頂からの展望が抜群の山ですが、その日はもちろん展望皆無だったのでリベンジ登山してきました。

4月18日の登山の様子はコチラ↓↓↓

登山▲鍬ノ峰(くわのみね)▲長野県大町市 - yamaaruki_naganoのブログ

 

シャクナゲの開花期間にギリギリ間に合った

この日、登山口に到着したのは7時頃。この時間帯で既にほぼ満車!

鍬ノ峰はシャクナゲの群生地として有名で、例年5月上旬頃から咲き始めます。シャクナゲの時期に登山する際は早朝出発を強くおススメします。

f:id:yamaaruki_nagano:20210528205126j:plain

午前7時の時点でほぼ満車です。道もめちゃくちゃ狭いので早朝出発がおすすめ

往復3時間もあれば余裕で登れる山ですが、最初から最後まで割と急斜面が続きます。体力に自信のない人でもゆっくり登れば問題ないと思います。当日は、小さい子供も登っていました。

f:id:yamaaruki_nagano:20210528205426j:plain

意外と急な登山道
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

信州山歩き地図(4(里山編 中信・南信)) [ 中嶋豊 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2021/5/28時点)

前回は悪天候で全く見えなかった景色も、この日はよく見えました。新緑がきれいです。

f:id:yamaaruki_nagano:20210528205521j:plain

新緑がとっても綺麗。シャクナゲの他、ピンク色の小さい花も咲いてました(何の花だろう?)

登り始めからあちこちにシャクナゲがありますが、麓付近のものは見頃が終わっていました。時期としてはギリギリ。シャクナゲを楽しむなら5月中旬頃がいいかも。

f:id:yamaaruki_nagano:20210528205658j:plain

華やかなシャクナゲ

登るにつれて開花しているシャクナゲを見ることができます。華やかできれいな花ですね。

f:id:yamaaruki_nagano:20210528205752j:plain
f:id:yamaaruki_nagano:20210528205836j:plain

山頂からは360度の展望!アルプスも間近!

 鍬ノ峰はシャクナゲが有名ですが、山頂からの展望も抜群。ほぼ360度のパノラマビューが広がります。

f:id:yamaaruki_nagano:20210528210115j:plain

展望抜群の山頂

目の前には餓鬼岳などのアルプスも。快晴とまではいかなかったですが、前回は視界ゼロだったので十分!

f:id:yamaaruki_nagano:20210528210032j:plain
f:id:yamaaruki_nagano:20210419202720j:plain
同じ場所で同じポーズで撮ってみた。景色が全然違いますね

山頂はあまり広くないので、混雑時はゆっくりできないかも。私たちが到着した時は、先客1組でしたが、その後続々と人が来たので早々に下山します。

f:id:yamaaruki_nagano:20210528210414j:plain

アルプスはまだ残雪があります

下山時には、かなりの人とすれ違いました。いつもマイナーな山にしか行っていないため、久しぶりにこんなに人に会いました。 10人くらいのグループで登山されている方もいたので、総勢50人くらいとはすれ違ったかも。

 ゆっくり写真を撮ったりして登り、往復2時間半ちょっと。10時前には下山しました。その頃には駐車場だけでなく、路肩にも車がたくさん泊まっていました。

人気の山はやっぱり早朝出発がおすすめですね。

f:id:yamaaruki_nagano:20210528210604j:plain

水の張られた水田を眺めることもできました。この時期限定の光景ですね

~おわり~

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

【長野】サクっと登山▲冠着山(姨捨山)

長野県千曲市冠着山(かむりきやま)・標高1252m

登山日:2021/5/2

天気:晴

ルート:坊城平コース(登山口はココ

距離&タイム:2.6キロ&1時間42分(休憩含む)

詳しいログはヤマレコで↓↓

冠着山 - 2021年05月02日 [登山・山行記録] - ヤマレコ

f:id:yamaaruki_nagano:20210505193349j:plain

30分程度で登れる冠着

あまり天気予報が良くない2021年のGWで遠出は厳しい。ということでサクっと登れる冠着山(かむりきやま)へ行ってきました。冠着山は姨捨山とも呼ばれています。

3つほどのコースがありますが、キャンプ場から登るコースで。戸倉温泉の方から登るルートは割と行程長め、久露滝ルートは通行止めのようです。

登山口がキャンプ場なので駐車場も広々。人もほとんどいませんでした。もちろんトイレもあるので安心です。

f:id:yamaaruki_nagano:20210509151134j:plain

登山口があるキャンプ場。写真には写っていませんが、左手が広い駐車場になっています

短時間で簡単に登れる山▲展望も良し

 登山した日とブログを書いた日、間が空いてしまってほとんど覚えていないのが正直なところ…🥺しかもこの日が低気圧が原因なのかいつもの片頭痛がひどく…。

 

山頂までは終始、歩きやすく危険箇所もほとんどありませんでした。

f:id:yamaaruki_nagano:20210509155044j:plain
f:id:yamaaruki_nagano:20210509155129j:plain

登山口すぐ近くの「かえる池」(左) 危険箇所もなく登山道は歩きやすかったです(右)

途中、千曲市街が良く見えるビューポイントが。この山でみる景色の中で一番のお気に入りでした。

f:id:yamaaruki_nagano:20210509155422j:plain

千曲市街が良く見えます

登山口から超ゆっくり歩いて30分ほどで山頂へ。先客が2組ほどいました。

f:id:yamaaruki_nagano:20210509181657j:plain
f:id:yamaaruki_nagano:20210509181748j:plain
山頂手前にある不思議な木(左) 山頂の鳥居(右)

山頂は広場みたいになっていて、神社もありました。ここからの景色もよかったです。

f:id:yamaaruki_nagano:20210509182946j:plain
f:id:yamaaruki_nagano:20210509183014j:plain
山頂からの景色
f:id:yamaaruki_nagano:20210509183054j:plain
f:id:yamaaruki_nagano:20210509183124j:plain
三角点にタッチ(左) 神社の中にある説明書き(右)

少し休んだら下山へ。

基本的に同じ道を引き返します。

途中、屋根付きの展望台に寄ったり、十三仏がある場所に寄ったりして下山しました。

よく覚えていないので、写真だけ

f:id:yamaaruki_nagano:20210509183704j:plain
f:id:yamaaruki_nagano:20210509183738j:plain
屋根付きの展望台(左) 十三仏の説明書き(右)
f:id:yamaaruki_nagano:20210509183640j:plain
f:id:yamaaruki_nagano:20210509183826j:plain

十三仏の岩

~おわり~

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

【登山】石尊山(せきそんさん)▲長野県軽井沢町・御代田町

長野で登山▲石尊山(標高1668m)

登山日:2021/4/24

天気:晴

ルート:追分宿からピストン(登山口はココ

距離&タイム:14.4キロ&5時間38分(休憩含む)

詳しいログはヤマレコで↓↓

石尊山 - 2021年04月24日 [登山・山行記録] - ヤマレコ

f:id:yamaaruki_nagano:20210425203409j:plain

浅間山が目前に迫る石尊山

浅間山をすぐ近くに見られる石尊山に登ってきました。軽井沢町なのか御代田町なのか曖昧ですが、登山口は軽井沢町です。

中仙道と北国街道がぶつかる追分宿(おいわけじゅく)に登山口があります。

駐車場は登山口から1.2キロほど離れた町営の無料駐車場を使います。軽井沢は全国的に有名な観光地ですので、週末は早めに来るのをおすすめします。特に連休は渋滞も発生しますし、早めに来ないとおそらく無料駐車場には停められないと思います。

f:id:yamaaruki_nagano:20210425203527j:plain

町営の無料駐車場。広いですが、連休などは満車になると思います。

この日は土曜日で駐車場到着が朝8時ちょっと前。さすがに空いていましたが、下山した13時過ぎはほぼ満車でした。

f:id:yamaaruki_nagano:20210425204010j:plain

駐車場の目の前にはトイレもあります

追分宿の町並みを楽しみながら登山口に向かうのも良いですよ。別荘地を抜けて登山口まで歩きます。新緑の季節ならもっときれいかもしれませんね。

f:id:yamaaruki_nagano:20210425203837j:plain

登山口へ向かう道路。新緑の季節はきっととっても綺麗です

初心者でも全く問題なし!ほぼ平坦な登山道をひたすら進む

登山口は「駐車禁止」の立看板がありました。残念ながら停めてある車がありましたが、マナーを守って登山を楽しみたいものです。

f:id:yamaaruki_nagano:20210425204136j:plain

石尊山登山口

登山口からはぼ平坦な登山道が真っすぐ伸びていて、ひたすら続きます。危険箇所はなく、とっても歩きやすいので初心者でも問題なく歩けます。

活火山である浅間山がすぐ近くにあることもあり、登山道には黒い火山岩が落ちていました。

f:id:yamaaruki_nagano:20210425204304j:plain

黒い火山岩がごろごろ落ちています

登山口から1時間40分ほどはひたすら歩くのみ。見どころはほぼありません。ウグイス?みたいな鳥の鳴き声がよく聞こえました。

f:id:yamaaruki_nagano:20210425204359j:plain

ベンチもありました。平坦な道がひたすら続くので休憩しながら歩くのがおすすめ

少し不気味。血の滝・血の池・おはぐろ池へ

 長い長い単調な道にそろそろ飽きてきた頃、水の音が聞こえるようになります。登山道左を流れる川を見ると茶色!しばらくすると「血の滝(赤滝)」に到着します。この色は酸化しているからだとか。結構水量も多く、迫力があります。

f:id:yamaaruki_nagano:20210426194859j:plain

血の滝を上から

f:id:yamaaruki_nagano:20210426194943j:plain

木製の橋を渡って進みます

滝のすぐそばまで行くこともできます。洞窟には石像が祀られていました。

f:id:yamaaruki_nagano:20210426201556j:plain

迫力があります

f:id:yamaaruki_nagano:20210426201635j:plain

洞窟の中に祀られている石像

血の滝から20分ほどで今度は「血の池」へ。こちらもすごい名前ですよね。池というか川のような感じでした。周辺の登山道も土が赤かったです。これまでの登山とはまた違った不思議な感じです。

f:id:yamaaruki_nagano:20210426202609j:plain

登山道の土も赤い

f:id:yamaaruki_nagano:20210426202706j:plain

水はかなり鉄臭いです

血の池すぐ近くには「おはぐろ池」というものもありました。落ち葉が堆積していて深さはよくわかりませんでしたが、こちらも茶色でした。

f:id:yamaaruki_nagano:20210427194731j:plain

おはぐろ池。橋みたいなのが架かっていました

f:id:yamaaruki_nagano:20210427195225j:plain

おはぐろ池の向いには小さな祠がありました

やっと山頂へ!綺麗な浅間山が目の前に

おはぐろ池から30分ちょっとで「石尊平」という広い平坦な場所に着きます。ここまでこれまでなかった急斜面がありますのでかなり疲れました。ここから浅間山まで行けると思うのですが現在は侵入禁止。いつか行ける日が来るのでしょうか?

f:id:yamaaruki_nagano:20210427195414j:plain

石尊平。これまでの赤い土は見当たらず砂地でした

石尊平から10分ほどで山頂です。最後急斜面が続きますが、後方に浅間山の綺麗な景色が広がります。

f:id:yamaaruki_nagano:20210427195608j:plain

やっと見えた浅間山。山頂まであともう少し

駐車場から歩き始めて約3時間。やっと山頂に着きました。浅間山が目の前に広がりとっても綺麗。ここまで頑張って歩いたかいがあります。ほぼ360度の展望が開けます。

いつも登山の参考にしている中嶋豊さんの本。

f:id:yamaaruki_nagano:20210427195951j:plain

やっと山頂

f:id:yamaaruki_nagano:20210427200025j:plain

南側も軽井沢か御代田町の町並みが広がります

f:id:yamaaruki_nagano:20210427200126j:plain

三角点にもタッチ。靴が汚い…

山頂には誰もいないので貸し切り状態。5分くらい遅れて一組来ました。こんなにも素晴らしい景色が望めるのに皆さん前掛山や黒斑山に行ってしまうのですかね?

f:id:yamaaruki_nagano:20210427200333j:plain

浅間山を眺めながら休憩。いつか登りたい

下山は元の道を引き返します。またあの長い道のりを歩くと思うと少しうんざりしますが、お腹も空いたので帰ります。山頂は割と広いのでここでカップラーメン食べても良かったかも。

行程が長いのを我慢すれば素晴らしい景色を楽しめます。この日、すれ違ったのは3組ほど。混んでもいないし自分のペースで静かに山歩きがしたい人におすすめです。ただ、帰りの延々と続く平坦な道には参った。よく歩きました。

f:id:yamaaruki_nagano:20210427200744j:plain

眺望抜群の石尊山

~おわり~

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

登山▲鍬ノ峰(くわのみね)▲長野県大町市

大町市の山・鍬ノ峰(標高1623m)で登山▲

登山日:2021/4/18

天気:雪&強風

ルート:白沢側登山口ピストン(登山口はココ

距離&タイム:3.2キロ&2時間32分(休憩含む)

詳しいログはヤマップで↓↓

鍬ノ峰 / やま子さんの燕岳・餓鬼岳・唐沢岳の活動データ | YAMAP / ヤマップ

f:id:yamaaruki_nagano:20210419202720j:plain

猛吹雪だった鍬ノ峰

県内の桜はほぼほぼ見ごろが終わった4月下旬。大町市の鍬ノ峰(くわのみね)に登ってきました。山容はピラミッド型で「常盤富士」とも呼ばれているそうです。

この日はまさかの猛吹雪。一気に冬に逆戻りしたような過酷な環境。もともと天気があまり良くないなとは思っていて、雨は覚悟していました。ただ、1600mちょっとの低山でこの時期に雪が降るとは思ってもいませんでした。山をなめちゃいけないですね…。

360度のパノラマビューのはずが…。景色は全く見えず

鍬ノ峰の登山口は、餓鬼岳の白沢登山口から林道を更に1キロほど進んだ場所にあります。「国営安曇野アルプス公園 大町・安曇野地区」からもっと山奥に進んだところです。

f:id:yamaaruki_nagano:20210419202809j:plain

鍬ノ峰登山口(右手)。左奥は駐車場

駐車場に到着した8時半頃は少し雪がチラついているくらいでした。雨予報だったので、スパッツ(ゲイター)とレインウェアを着て出発。

初めからなかなかの急斜面でした。登り始めてだんだんと風が強くなっていき吹雪に。正直天気が悪く景色が全く見えませんでしたので写真も撮りませんでした。

f:id:yamaaruki_nagano:20210419202918j:plain

麓の方はまだ雪も風も強くありませんでした

山頂まで急斜面がずっと続く感じ。後半にはロープ場も3カ所ほどありました。雪がかなり積もっていたので滑らないように気を付けてゆっくり登りました。

f:id:yamaaruki_nagano:20210419203005j:plain

悪天候の中の岩場は結構怖いですね

登山口から1時間半ほどで山頂に到着。山頂は遮るものが何もないので、天気の良い日は360度のパノラマビューが広がります。ここから残雪の北アルプスを楽しむ予定だった…。

f:id:yamaaruki_nagano:20210419203053j:plain

鍬ノ峰山頂

遮るものがないので風もかなり強く、体が一気に冷えてきたので早々に下山。

f:id:yamaaruki_nagano:20210419203523j:plain

山頂は目を開けるのも大変なくらいの風でした

雪と強風に耐えながら黙々と下山して、山頂から1時間ほどで登山口まで戻ってきました。

f:id:yamaaruki_nagano:20210419203127j:plain

大きな岩もゴロゴロしていました

天気が悪すぎて、写真を撮るポイントもあまりなかったです。なので今回は短め。

f:id:yamaaruki_nagano:20210419204804j:plain

景色は見れませんでしたが良い経験でした

鍬ノ峰はシャクナゲの群生地があることでも有名。当然まだ咲いていませんでしたが、満開になったらとっても綺麗だろうな。5月下旬くらいから見られると思うので、絶対リベンジします。

f:id:yamaaruki_nagano:20210419203209j:plain

シャクナゲの頃にリベンジします

~おわり~

 

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

岩殿山(いわどのさん)▲長野で低山登山

長野県筑北村の低山▲岩殿山(標高1008m)

登山日:2021/4/11

天気:晴れ

ルート:別所コース登山口→岩殿寺登山口(登山口はココ

距離&タイム:8.9キロ&4時間44分(休憩含む)

詳しいログはヤマップで↓↓

岩殿山 / やま子さんの岩殿山(長野県)の活動データ | YAMAP / ヤマップ

f:id:yamaaruki_nagano:20210412211123j:plain

見どころがたくさんある岩殿山

岩殿山への登山ルートは2つありますが、それぞれの登山口がそれほど離れていないため、登りと下山を違うルートで歩くことができます。

今回は、別所コース登山口から登り、山頂→三社権現を経て岩殿寺登山口に下山するルートで登ってきました。もちろん逆回りでも問題ありません。

岩殿寺から登る場合は寺の駐車場に、別所コースから登る場合は寺から2キロほど進んだ路肩に駐車します。寺の駐車場は広いですが、別所コースの方は2、3台しか停められません。マイナーな山なので停められないということはないと思います。

f:id:yamaaruki_nagano:20210413193714j:plain

別所コース登山口の駐車場(右側路肩)

 登山口は駐車場所から右に折れたところ。中嶋豊さんの地図がありました。

f:id:yamaaruki_nagano:20210413194150j:plain

ここからスタート
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

信州山歩き地図(中信編・南信編) [ 中嶋豊 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2021/4/14時点)

岩殿山山頂までスリル満点の登山道

登山道はよく整備されているので歩きやすいです。緩いのぼりなのでゆっくり歩けば体力的にも問題ありません。山頂まで「〇〇m」という看板がいたるところに立っています。途中、廃屋みたいな建物が数軒建っていました。

f:id:yamaaruki_nagano:20210413194519j:plain

消防署の看板も味があって可愛い

登山口から1時間程度で「岩殿山遥拝所」に到着します。石灯篭や「岩殿山」と彫られた石碑があります。岩殿山への参道は非常に険しいので老若男女がここで遥拝(ようはい)して帰ったという旨の説明書きがありました。

f:id:yamaaruki_nagano:20210413195211j:plain

立派な石碑があります

ここまでほとんど展望がなかったですが、とっても良い景色が広がっています。休憩場所としてもおすすめ。

ここから登山道が狭くなります。右側がごっそり削れている箇所も通りますので慎重に歩く必要があります。高度感もあって少し怖かったです。

f:id:yamaaruki_nagano:20210413195721j:plain

登山道は丸太がかかっていて(左側)、右側は削れています。

写真だとよく分からないですね…。

f:id:yamaaruki_nagano:20210413201253j:plain

登山道が狭い箇所がいくつかあります

遥拝所から15分程度で山頂と三社権現の分岐に着きます。まずは山頂へ。

f:id:yamaaruki_nagano:20210413201205j:plain

山頂と三社権現の分岐

岩殿山山頂へ。途中ビューポイントもあり

分岐から山頂までは30分程度。ここからも登山道は狭めなので注意が必要です。

f:id:yamaaruki_nagano:20210413201502j:plain

高度感がある場所も

f:id:yamaaruki_nagano:20210413201753j:plain

大量の落ち葉もあって滑りやすいです

しばらく歩くと急に展望が良い場所に着きます。ここからだとアルプスは見えませんが良い景色です。

f:id:yamaaruki_nagano:20210413201706j:plain

とっても良い景色

山頂まであともう少し。何回かアップダウンして岩場を越えたりして進んでいきます。山頂手前には大きな岩があってそこからは北アルプスが見えました。岩の上は狭くてかなり高いので気を付けてください。

f:id:yamaaruki_nagano:20210413202244j:plain

残雪の北アルプスはこの時期ならでは

登山口から1時間半くらいで山頂に到着しました。かなり早いペースで登ってきたのでゆっくり歩いて2時間~2時間半はかかると思います。山頂からはあまり景色は望めません。

f:id:yamaaruki_nagano:20210413202533j:plain

岩殿山山頂。木々の隙間から少しだけ景色を見ることができます

分岐まで戻り三社権現へ

岩殿山山頂から分岐までは来た道を戻り、分岐から三社権現へ向かいます。地元で”岩殿山”といったら三社権現を指すそうです。

三社権現まで、「兜岩」や「天狗岩」と名付けられた巨岩が転がっています。特に天狗岩は、”天狗が休んだ岩”だからそう呼ぶらしいですが岩の上からは素晴らしい展望が広がっています。ここもかなり高度感があるので気を付けてください。

f:id:yamaaruki_nagano:20210414193001j:plain

天狗岩からは北アルプスの絶景が楽しめます

ポイントとなる場所には説明書きの看板も立っているので面白いです。

f:id:yamaaruki_nagano:20210414193208j:plain

岩を削って作ったこんな面白い階段もありました

分岐から20分ほどで三社権現に到着しました。岩場の下に小さい社がたっています。

f:id:yamaaruki_nagano:20210414193539j:plain

三社権現でおまいり

岩場が巨大で迫力あります。自然ってすごいですよね。

f:id:yamaaruki_nagano:20210414193651j:plain

風化によって蜂の巣状になっている部分がありました。迫力満点

学問行者の墓・雷神社・九頭龍社を通って岩殿寺へ下山

三社権現から岩殿寺までは1時間ちょっと。下山途中にも色々見どころがありました。まずは学問行者の墓。岩殿寺を開山した人らしいです。

そして雷神社。風の神と雷神を祀ってあります。岩殿山は五穀豊穣の祈願体であって雨風は豊作への必須だからとか。

f:id:yamaaruki_nagano:20210414195009j:plain

雷神社。大きな岩の下に社の台座があります

次に雨乞いの神、九頭龍権現を祀る九頭龍社。こちらもかなりの大岩。ここで雨乞いの祈願をすると不思議と雨になり田畑を潤したとか。

f:id:yamaaruki_nagano:20210414195501j:plain

九頭龍社。とにかく岩が大きい

どの場所も丁寧な説明書きがあって面白かったです。

途中、ヒトリシズカの群生地もありました。この時はまだ咲き始めでした。

f:id:yamaaruki_nagano:20210414195848j:plain

ヒトリシズカ。いたるところに咲いていました

佇まいが立派な岩殿寺。立派な枝垂桜もあり、満開でした。ここから駐車場所まで歩き、山行は終わり。岩殿寺から駐車場所までの道のりが長かった…。

f:id:yamaaruki_nagano:20210414200150j:plain

岩殿寺

1000mちょっとの低山なのに見どころがたくさんあり、展望も良く、面白い山でした。この日、途中ですれ違ったのはわずか2組。マイナーな山なので静かに自分のペースで山歩きできると思います。かなりおすすめの山です。

f:id:yamaaruki_nagano:20210414200631j:plain

アルプスの絶景が楽しめるおすすめの低山

~おわり~

 

毎日貯まるポイントサイト ECナビ